一度リフレッシュするーー予備試験論文試験直前期を前に【司法試験タクティクス】

休むことに罪悪感を感じますが、どうすればいいでしょうか?

疲れが溜まっていませんか?

2022年予備試験の論文式試験が近づいてきました。

短答式試験後、多くのことを詰め込んできたことだと思います。知識や考え方が身に付いてきた一方で、疲労も溜まっているのではないでしょうか?

直前期に向けて何をすべきなのか。今日は、「休息」についてお伝えします

休息は重要な戦術の一つである

長期戦を戦い抜くためには、休息も重要な戦術の一つとなります。ここまで長期戦を戦い抜いてきているので、日々、どれだけ回復できるのか、というのがキーポイントとなります。

直前期にさらに詰め込んでいくために、また、本番で力を発揮するためにも、このタイミングで一度リフレッシュすることも検討してみてください。

もし、現在疲労を感じていて、朝に起きにくいと感じている方は、「夕方以降をオフにする日」を作ってみてください。夜の時間にリラックスすると、疲労回復につながるのではないでしょうか。

軽めの運動も取り入れる

直前期の追い込みのために、運動不足になっている方も多いと思います。

運動不足になると、肩こりや腰痛などの不調につながる可能性があります。

例えば、軽く散歩することにより、肩こりなどの不調の防止や、リフレッシュにつながった経験はありませんでしょうか?

積極的に運動を取り入れることで、回復につながることもあります。

直前期こそ、休息という戦術を取り入れるようにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました